「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2月28日

f0161329_16484626.jpg2月も今日でおしまい。

友達と語らった窓辺は
すっかり春の陽気。

息子は、お弁当を持って登校。
2分の1成人式で、山登り。
山頂で一人ずつ、
将来の夢を叫んだのだそう。
爽快だっただろうなあ。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-28 16:49 | 家族 

2月27日

f0161329_2064915.jpg昼間みっちり出掛ける日は
朝のうちに、急いで家事を済ませるので
何もかもが目まぐるしいけれど
メリハリが効いていて
案外、何も予定のない日よりも
家の中がきれいに片付いていたりする。

今日は、娘の幼稚園時代の母友達と3人で会う。
色んな人の、色んな角度からの話の中には
必ず、何か、目から鱗がポロリと落ちる瞬間があって
それが、とても面白い。
全然関係のない話の時に、
日々、悩んでいたことの答えがあったりする。
毎日が地続きであるように
何もかも、本当は繋がっているんだなあ、と思う。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-27 20:06 | おでかけ

2月26日

f0161329_1956671.jpg一人旅の友達が
新幹線で
ふらりと遊びに来てくれる。

ランチして
ドライブして
お喋りして。

なんという贅沢。
なんという幸福。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-26 22:54 | おでかけ

2月25日

f0161329_19502873.jpgこの2週間、
色んな約束や用事を
延期にしてもらったので
今週は、それらがどっと押し寄せてくる。
まさしく、嬉しい悲鳴。

今日は、買出しメモと
やるべきことリストを片手に、あちこちへ。

写真は、途中休憩のお昼。
そういえば、こんな一人の時間も久しぶり。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-25 21:44 |

2月24日

f0161329_19441162.jpg今日もいい天気。
夫によると、花粉も随分飛んでるみたい。

チューリップやヒヤシンスの芽も
目に見えてにょきにょき伸びている。

午後から、子供たちの英語の発表会。

夜は「お疲れ様」の食事へ出掛ける。

愉しいことがギュギュっと詰まった一日。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-24 20:37 | 家族 

2月23日

f0161329_19291134.jpgさあ、今日からは、外へも出られます。

早速のおでかけは、
息子がとても楽しみにしていた、
星出宇宙飛行士のミッション報告会。

とにかく、最初から最後までわくわくしっぱなし。
聡明さと穏やかさとタフネス、
情熱とバイタリティ。
それらのバランスが本当に絶妙で
「そりゃあ、誰だって、この人に
重大なミッションを任ようって思う筈!」
って思うような、魅力的な方でした。

久しぶりの太陽。久しぶりの風。
憧れの人。
息子の復活の日は、キラキラしていました。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-23 21:21 | おでかけ

2月22日

f0161329_1919548.jpg娘の参観日。

一年生最後の参観日ということで
子供たちがそれぞれ、「できるようになったこと」を披露。

娘は、なわとび。
嬉しそうに元気に、うしろ飛びとあや飛びを。

みんな随分大きくなって
学校という場所にもすっかり馴染んで
わいわい愉しそうだったので、それが何より。

明るく頼もしく、ここまで導いてくださった先生に感謝。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-22 21:14 | 家族 

2月21日

f0161329_19134957.jpgひとまず、復活。
ぼんやりしていた、
味覚や嗅覚が戻ってきたら
なんとなく、視界も少し鮮やかになってきた感じ。

明日までは外に出られない息子も
咳が少し残る程度で、すこぶる調子いい。

早速、マドレーヌを焼いて、珈琲を淹れる。
幸せ!
[PR]
by hama-anne | 2013-02-21 22:10 |

2月20日

f0161329_1993193.jpg何度も繕っていたルームシューズが
いよいよどうにもならなくなったので
新しいシューズをおろす。

藤原千鶴さんのルームシューズは3代目。
一代目は、参観日専用で、今も現役。

なんともいえない暖かさと軽やかさ、
もちろん、遊び心一杯の柄合わせも気に入っている。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-20 19:03 |

2月19日

f0161329_17593788.jpg白い花が好きで、よく植える。

いつも見ている筈なのに
毎年、花が開く度に
その白さにいつも驚く。
それぞれの白。

プリムラの愛らしさ
凛としたカラー、
クリスマスローズなら、その優しさ。
[PR]
by hama-anne | 2013-02-19 21:54 | 家・庭