<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

7月31日

f0161329_12174081.jpg子供たちが揃って出掛けたので
今日は、一日一人で過ごす。

お昼は、松の実をたっぷり散らした、
これぞ!って感じの正統派ジェノベーゼ。

書店でゆっくり本を眺め、
髪の毛を切って
溜まっていたDVDを観て
あっという間に一日が終わる。

7月も今日でおしまい。
夏休みは、いつも駆け足だ。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-31 22:15 | おでかけ

7月30日

f0161329_12131456.jpg久しぶりに古いものを買う。

デットストックのワイングラスと
真ん中に芯の通っている丸い椅子。

椅子は、娘のピアノ用に。
ワイングラスは
今度、夫が帰ってきた時にでも。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-30 21:05 |

7月29日

今日もスペシャルな暑さ。
最高の海水浴日和!
f0161329_1159149.jpg
f0161329_11591386.jpg
f0161329_11592770.jpg
f0161329_11593989.jpg

[PR]
by hama-anne | 2012-07-29 21:57 | おでかけ

7月28日

f0161329_1151694.jpg今、読んでるのは「夜の国のクーパー」(伊坂 幸太郎)。

毎日、聴いているのは、
昨年3月にNHK FMで放送された「渋谷系三昧」。

機械オンチの私の為に
友達が試行錯誤して送ってくれたもの。

全ての曲がストライクゾーンど真ん中なのもさることながら
その懐かしさを、友達と共有できたことが嬉しい。

そして、その懐かしさが
ただただ懐かしいだけじゃなくって
私達の「今」に、全部繋がってるということが
なんとも感慨深いのです。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-28 21:46 | 音・本・映画

7月27日

f0161329_11425071.jpg今日も晴天。
子供たちは、読書感想文を書いている。

息子の選書は「飛べ!『はやぶさ』」(松浦 晋也)。

ぱらぱらと読ませてもらう。

「高い塔を建ててそこへ登ってみれば新たな地平が見えるものです。
そのような塔を自ら建てるという意識を鼓舞したという点では、
はやぶさには意味があると考えています。」

これは、はやぶさとの通信が途絶え、
絶望の最中にあった川口教授の言葉。

緻密な科学技術と壮大なロマンに改めて胸を打たれる。

3時は、アイスキャラメルマキアートをテイクアウト。
親子して、暑い中、頭を目一杯使ったからね。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-27 21:35 | 音・本・映画

7月26日

f0161329_11271318.jpg友達親子と、今年初めての海へ。

我が家から、海へは車で10分弱ってところ。
子供たちもいるので
海には割と馴染み深いつもりだけれど

海へ歩いて数分のところへ住んでいる友人たちの
呼吸するみたいに海で過ごしている様子は
なんだかいいなあ、と思う。

大人も子供も、肌や髪の毛、
それに笑顔も、あの潮風にとても馴染んでいる。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-26 20:20 | おでかけ

7月25日

f0161329_7231817.jpg理由はないけれど
何故だか心惹かれるものって
幾つかあると思うけれど
私にとっては
クグロフの形がそのひとつ。

うちのクグロフ型で焼くのは
たいていはちみつのケーキ。

これはお店で求めた小さなブリオッシュ。
優しい口あたりが癖になりそう。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-25 22:20 |

7月24日

f0161329_7183616.jpg「金平糖の降るところ」(江國 香織)読了。

個人的な好みでいえば、近年のものよりも
初期の頃の作品に軍配をあげてしまうけれど
ここ数年の江國さんの作品は
やっぱり「すごい」と唸ってしまう。
研ぎ澄まされ、削ぎ落とされ、
凄みのようなものが迫ってくる。

先日、「ジェントルマン」(山田 詠美)を
読んだ時もそう感じた。

これから、どんな作品が生み出されていくのだろう。
同時代を生き、共に年を重ねながら
新作を読むことができるのは本当に幸せなことだと思う。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-24 21:59 | 音・本・映画

7月23日

f0161329_6584232.jpg朝も昼も
ちょっとしたおやつなんかの時も。
最近、一番の働き者はこの器。

少し前に友達がプレゼントしてくれたもの。

20年もの間、
私は彼女から幾つ贈り物を受取っただろうか。

抽象的な表現になってしまうけれど
「何故、彼女がこれを私に贈ってくれたのか。」

いつも、私には、それがものすごくよく分かる。

このひとりよがりな文章も
彼女には、多分、伝わっていると思う。

それがいつも本当に心強い。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-23 20:52 | つぶやき

7月22日

f0161329_16244765.jpg今日はショッピング。
子供たちの洋服がメイン。

どろんこになっても
汗だくになってもオッケーなTシャツを色々。

最近は色んな短篇をちょこちょこと読んでいる。
「巨人の接待」(小川 洋子)がかわいらしかった。

朝のジュース、
欠かさないのはゴーヤとブルーベリーとバナナ。
[PR]
by hama-anne | 2012-07-22 21:13 | 音・本・映画