<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日

f0161329_20392671.jpg小学校の参観日は
2時間目の算数。

学校特有の蒸し暑さが懐かしい。
子供たちはおかまいなし。
汗をかきながら
楽しそうに走り回っている。

午後、雨が降り出して
夕方のサッカーは中止。

寛いだ空気が漂う、6月最後の日。
木曜の夜。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-30 20:39 |

6月29日

f0161329_18433857.jpg朝、娘をバス停に送った帰りに
何気なく玄関先の雑草を1本抜いて
そのまま草抜きを始めてしまった。

あっという間に汗だくになったけれど
庭はちょっとだけすっきり。

汗をかいたついでに、と
家事全般、ダッシュで完了。

シャワーをあびてから
ヘアカットとカラーリングへ。
髪の毛の色をちょっと暗めにしたら
すごく新鮮な気分。

さっぱりした頭とさっぱりとした部屋。

好きなものだけお皿に載せたら、昼ごはん。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-29 18:44 |

6月28日

f0161329_22104917.jpg楽しみにとっておいた、
「文藝別冊 石井好子 シャンソンとオムレツとエッセイと」
をようやく読んだ。幸せ。

高橋みどりさんと高山なおみさんの対談だとか、
沢山の著名な方のエッセイ、論考も楽しみにしていたのだけれど

やはり何より、石井さんの文章、
そこから垣間見える生き様みたいなものに圧倒されました。

頭をからっぽにして読めるもの、
何度も読み返したくなるもの、
私にとって、大切な本には色んな種類があるけれど、
一番は「読み終えてしまうのが勿体無い、
ずっとその世界の中を漂っていたくなるもの」で
石井さんの文章に接すると、いつもそんな気持ちになるのです。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-28 22:11 | 音・本・映画

6月27日

f0161329_1955376.jpg友達とランチ。

二人で出掛けるのは初めて。

お互いに初めて知ることが
沢山あって楽しい時間でした。

私はやっぱり1対1、
向かい合って話すのが好き。

帰り道、買って帰ったキャンドルは
ライムバジルとマンダリンの香り。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-27 19:55 |

6月26日

f0161329_19483991.jpgルーシー・リー展。
最終日に何とか滑り込む。

数々の作品に圧倒されながら、
同時に「使ってみたい!」とも思う。

斬新、そして見飽きることがない。

繊細さ、大胆さ、
高貴さ、愛らしさ。

全てを兼ね備えていて
それが私を捕えて離さない。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-26 20:39 | おでかけ

6月25日

f0161329_21343913.jpgf0161329_21344865.jpg今日も太陽はギラギラ光ってる。

朝から家の中の雑用を黙々と。
子供たちも随分手伝ってくれたので
冷やしておいた夏みかんのゼリーで
10時のおやつ。

ちなみに3時のおやつは
サーティーワンにて。
甘いものに目がない息子は
トリプルをぺろりと完食。
「あと2個は食べられる!」
とのこと。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-25 21:37 |

6月24日

f0161329_20282319.jpg6月最後のピラティス。
7月と8月は教室が休みになるので
しばらくの間、レッスンはお預け。

夏の間、
習ったことを忘れてしまわないように
時々は復習をしよう。

それから、折角身体が温まってきたところなので
この夏は、なるべく温かいものを飲もう。
なるべくね。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-24 20:29 |

6月23日

f0161329_155247.jpg太陽と共に起き出す。
やっぱり早寝早起きが性に合う。

お化粧してる時に既に汗をかくような、
ものすごく暑い朝だったけれど
「よし、やるぞ!」って気合が入る。

この家に越してきたのは4年前の今日。
「これからもよろしく」と
いつもより時間をかけて掃除する。

再読したのは「ホテルカクタス」(江國 香織)。

江國作品の中では比較的地味な存在だけど、
愉しくて、淋しくて、切なくて、でも素晴らしい。
「人生」がまるごと詰め込まれていて
私にとっては特別な1冊。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-23 15:06 | 音・本・映画

6月22日

f0161329_1964173.jpg洗濯物を干して
食器を洗って
娘を送り出したら
今日はもう何もしないって決めていた。

午後1時まで深く寝て
ぼんやりした頭で珈琲を淹れる。

雨漏りがして修理にきてもらったり
娘の靴が小さくなって新調したり
色んなことがあった気がするけれど
どうやら、全て夢の中の出来事だったみたい。

気が済むまで怠惰に過ごしたら
いつも以上に目の前がすっきりとクリアになった。

(写真は、先日ランチを食べたお店にて。)
[PR]
by hama-anne | 2011-06-22 19:06 |

6月21日

f0161329_16322895.jpg久しぶりの青空。
一気に夏模様。

久しぶりの静かな午後。

テレビもつけたくなくて
音楽も聴きたくなくて
小説の世界にも入って行きたくなくて
ただ、ごろんと床に寝そべる。

本棚からごっそりと抜き出した、
古い「アルネ」を傍において
気が向いた時にページを捲る。
[PR]
by hama-anne | 2011-06-21 16:32 |