「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

11月30日

f0161329_7333312.jpgいつも行くコーヒー屋で
いつもと違う甘い匂い。

その正体は
無料でふるまわれていた石焼きいも。

冷たい風の中、
知らない人たちに混じって
アツアツの焼き芋にかぶりつく。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-30 21:26 |

11月29日

f0161329_1626377.jpg幼稚園で個人面談。

兄と妹、当たり前だけど何もかも違う。

一人っ子の私にとって
「兄妹」の関係は決して手が届かなくて、
なんだか少し羨ましい関係。

身内だからこその親密さ、そっけなさ。
こんなにも始終くっついているのに
いつかは別々に歩いていくという切なさ。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-29 16:27 | 家族 

11月28日

f0161329_151185.jpg「百万円と苦虫女」を観にいく。

モーニングショーは閑散としていたので、
スクリーンの世界に思いっきりどっぷりと浸る。

映画が終わって
明るくなって
外の世界へぽんと放り出されても
まだ映画の余韻が残っていて
足取りがふわんふわんする、

あれは映画館へ行く醍醐味の一つだと思うのだけど、
今日はそれがことのほか長く続いた。

とても好きだと思う場面が沢山あった。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-28 15:25 | 音・本・映画

11月27日

f0161329_15473713.jpg焼いたり蒸したり。
鍋に入れてもいいよ。
待っててね。

一週間ほど前に友達から届いた
なぞなぞみたいなメール。

一体何だろう。
鶏肉かな、なんて考えてたら、
今日、餃子が届きました。

なるほど!

気が向いた時にふっと贈り物を届けてくれる友達。
ふらっと遊びにきてくれたみたいな嬉しい気持ち。


夫が弁当を忘れていき、お昼休みに帰ってくる。
私のお昼ごはんはシチューにパン。
交換してそれぞれ食べることにする。
冷たいお弁当、ちょっと新鮮。

食後に六花亭のチョコマロン。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-27 15:52 |

11月26日

f0161329_18263622.jpg初めてのヘアサロン。

大きな鏡、
シャンプー台、
パワフルなドライヤー、
その何もかもが嬉しいらしい。

くるんとカールしていた毛先がなくなって
ちょっと淋しい母をよそに
少しお姉さんっぽくなった、
新しい自分にご満悦の様子。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-26 18:27 | 家族 

11月25日

f0161329_15372776.jpg霧の朝。

霧がたちこめると、
雪が降った時と同じくらい喜ぶ息子。

彼の頭の中には、
今でも機関車トーマスが走っているのだ。
時に、深い霧の中で。


私の頭はちっとも追いついていないけど
子供たちは
サンタクロースへのお願いを考え始め、
夫はクリスマスホーリーという木を持ち帰ってきて
12月はそこまでやってきている。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-25 15:37 | 家・庭

11月24日

f0161329_16255825.jpg休日。
冷たい雨。

昼間に小さいシェードランプの灯り。
読みかけの本。

昼寝する家族たち。

ガラスに一杯の小豆。

冬にしか味わえない、
小さな幸福あれこれ。


窓の外の桜の木々は
この雨で九割ほども葉を落としてしまった。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-24 16:26 |

11月23日

f0161329_8301049.jpg朝は一人で散歩。

昼からはプリンターを買いにでかけて
風船をもらう。

晩ごはんは鍋。

食後に、今日オープンしたパティスリーのケーキを食べる。
勤労感謝の日。
みんなで夫に「ありがとう」と言いながら。

なんてことない、楽しい日曜日だ。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-23 21:30 | 家族 

11月22日

f0161329_1427232.jpg寝不足も何のその。
朝食ビュッフェを堪能して
ありがとう、と何度も言って彼女に手を降り、
新幹線に乗って帰路へつく。

留守番組にも感謝。

私は九州から、
夫は四国から帰ってきた。

全員揃って
それぞれ金曜日の夜について報告しあう。

私のお土産は鈴乃最中。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-22 14:27 |

11月21日

f0161329_14121161.jpg大阪の友達と
博多でランデヴー。

ハイテンションではしゃいで、
美味しいものを食べて飲んだ。

久しぶりに会う友達は
相変わらず、
まっすぐできびきびしてて天真爛漫。
いつまでたっても、
私にとって
賢くてかわいい、自慢の妹みたいな存在。

午前3時を過ぎた頃、
私たちはようやく眠りに就いた。
[PR]
by hama-anne | 2008-11-21 23:02 |