<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

9月30日

f0161329_15594731.jpg「みんな同じ顔にみえる」とか
「名前が全然覚えられない」っていうのは、

すなわち「私はそれに興味がありません」
ということを言い換えた、
いわば、たとえ言葉だと思っていたけれど、

この頃、本当にみんな同じ顔にみえることがある。

比喩じゃなくって、ほんとにそうなんだ。
と実感。
でも、やっぱり気持ちの部分が大きいのかも。

強く惹かれることがなければ、頭も心も動かない。


さて、今日で9月は終わり。
息子の夏服姿も見納め。
白地にブルーのピンストライプのシャツ。
黒いリボンのついた麦藁帽子。
走っていく後ろ姿。

ぐっと目に焼き付けておく。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-30 16:01 | つぶやき

9月29日

f0161329_1713467.jpg冷たい雨の月曜日。

今日で終わると思っていた歯医者通いは
新たなトラブルで、またまた続くことになった。

コーヒー豆を挽く気にならなくて、
戸棚からひっぱりだした、
賞味期限ギリギリの
スティックタイプのインスタントコーヒー。

お湯をざっと注いで
がぶがぶと飲む。

こんなことが元気の素になることもある。

昨日、庭で採れたさつまいもは
多数決により、今晩、天ぷらに。
それから、大きすぎた娘の冬の制服の裾あげなど。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-29 17:13 | つぶやき

9月28日

f0161329_163927100.jpg地元の小さなお祭り。
幼稚園のチームでパレードに息子が参加。

このところ、土曜と日曜はどこかで
何かしらの行事があるらしく
朝一番に花火が上がる。

それを目覚まし代わりに起きてくる子供たち。

秋めいてきたけれど、
まだ咲いているのは庭の朝顔。

朝顔は特別好きなわけではないし、
庭は、そのほとんどを夫が担当しているのだけど、
それでも、
7月から毎日、
本当に毎日、必ず花を咲かせている朝顔の健気さに
今日はなんだか、ひどく胸を打たれる。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-28 16:40 | 家・庭

9月27日

f0161329_18211725.jpg今朝、布団の中の心地よさを久しぶりに思い出した。

秋は「深まる」っていうけれど、
ほんとに日々、深まってる。
よく出来た表現だと思う。

隣の家族は今日が運動会。
朝から唐揚げのいい匂いがする。

私が作ったのはさつまいものメープル茶巾。
お昼にはおむすびを握った。

どこにも出かける予定はなかったけれど
多分、これ以上ないぐらい、清清しい秋晴れのせいだろう。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-27 18:24 |

9月26日

f0161329_9554399.jpg子供たち、2回目のお泊りへ。

夫と私は歩いて出かける。

4人4様、がんばった1週間。
それぞれをねぎらって乾杯。

朝焼けは毎日のように見ているけれど、
夕焼け空を眺めながら歩くのは久しぶり。

急に寒くなった夜の星も
それぞれに深い光を放って眩しいほど。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-26 23:48 | おでかけ

9月25日

f0161329_17221630.jpg今日は栗ごはん。

ちっとも上品じゃないけれど、
家で炊くと、
ごろごろ大きなままで
食べられるのが嬉しいところ。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-25 17:29 |

9月24日

f0161329_2239109.jpgよくある水曜日。

朝、友達の家にお邪魔して
夕方は息子のサッカー教室。
夜はDVD鑑賞。「しゃべれども しゃべれども」

今日撮った写真は、これ1枚。
携帯電話のカメラで。

こういうブログをしているぐらいだから
私は写真を撮るのも見るのも大好きなのだけれど

時々、全く記録ということをしないで
瞬間瞬間を過ごしているような、
すっぱりと生きている人に妙に憧れることがある。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-24 22:40 | つぶやき

9月23日

f0161329_2255815.jpg秋のような、夏のような
夏のような、秋のような


半袖姿の娘の胸元にも、少しだけ秋の気配
[PR]
by hama-anne | 2008-09-23 22:13 | 家族 

9月22日

f0161329_15451987.jpg茶葉の香りでたいていお茶は味の想像がつくものだけど、
これはちょっと違うんです。
そのままでも、淹れてからも、どちらも楽しめます。

その言葉に惹かれて買ったのは、
ハイビスカスとモーブの花のかぐわしい紅茶。

私がいる場所と対極のところに
まるで優雅に腰掛けているような、
そのお茶の缶の蓋を
なかなか開けることができなかったけど、

一人の時間と大切な器の準備ができたので、
今日、ようやく味わいました。

いくつになっても、背伸びすることがあるのって
ちょっと嬉しいものです。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-22 15:45 |

9月21日

f0161329_18323555.jpg昨夜から明け方まで凄まじい雷と雨。

庭のトマトの色があっという間に赤くなった。


出張に出ていた夫が昼過ぎに帰宅。
特に何をする訳でもないけれど、
「いつも」が戻ってきた感じ。
夫のことだけじゃなくて、
息子にも、娘にも。
勿論、私にも。

夕方、ようやく晴れ間が見えてくる。
[PR]
by hama-anne | 2008-09-21 18:34 | 家・庭